危険運転致死傷罪

危険運転致死傷罪
「福岡市東区で2006年8月に起きた
 飲酒運転3児死亡事故」の判決。

危険運転のあいまいな適用基準が、
どうも納得出来ないexclamation×2

このドライバーの大罪は、
川に何度も潜り子供を捜している
親を横目に逃げた事パンチ

殺人にしか思えないexclamation×2

3人を見殺しにした罪を償う期間が7年弱。

「こんなに償いが軽く済むなら・・・」
と考えるバカな飲酒ドライバーが
増える事が一番恐ろしいがく〜(落胆した顔)

同じ子を持つ親として、子を失った悲しみと、
人を恨んで日々過ごす事は
容易な辛さではないだろう。

以前「東京外環自動車道男児マイクロバス転落事故」
があった。

バスを運転した男性と男児をひいたトラックの
会社員が逮捕された訳だが、
このトラック運転手の逮捕には疑問を感じる。

高速道路で80キロの速度制限のある中で、
いきなり人が落ちてくれば、
安全に避けることは難しいexclamation×2

もし避けていたら、
二次災害で大事故になっていた可能性もある。

逮捕した警察、
あなたなら同じ状況で避けられたのかいexclamation&question
と聞きたい。

一番問題なのは、
バスを運転していた男性の他に、
指導員を付けなかった管理体制に思う。

運転してたら、
後部座席の子供の面倒なんて見れない。

何にせよ、何と言っても一番の犠牲者は子供。

私自身も危機管理に余す所ばかりな事に反省ダッシュ(走り出すさま)










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。