35歳羊水は・・・

“35歳”羊水は一体どうなるのか
 35歳を越えたお母さんの羊水は、
 ホントのところどうなるのか――。

 倖田來未がラジオ番組で発言した
「35歳羊水腐る」説。
本人はふざけ半分のつもりだったようだが、
活動自粛に追い込まれるなど深刻なダメージを受けた。

 それでは、「羊水は腐る」のだろうか。
「らら女性総合クリニック」の松村圭子院長が言う。

「生まれる前の赤ちゃんがウンチをすると羊水が
濁るケースがあります。
羊水混濁という症状ですが、
ウンチが赤ちゃんの気管に入ると危険なため、
“仮死”の兆候のひとつと考えられています。
これを“腐る”と誤解したのかもしれません」

 もっとも、「羊水混濁」は
35歳以上になると増えるという。

「35歳を越えた高齢出産では、
卵子が老化して受精や着床がしにくくなります。
着床しても胎盤が弱く、
微小な血栓が血流を妨げて赤ちゃんに栄養や
酸素が行くのを阻害すれば、赤ちゃんにとって
厳しい環境になり、生まれる前に苦しくなって
ウンチをしてしまうこともあるのです。

ダウン症の発症率をみても、
20代の出産では1000人に1人ですが、
40代は100人に1人。

やはり、20代前半に比べると、
羊水は腐りませんが、
リスクは格段に高いのです」(松村圭子院長)

 転職とか出産とか、
世の中には35歳から難しくなることが多すぎる。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。