ボトックスで死亡例。しわ取り美容大丈夫?

ボトックスで死亡例 
「しわ取り」美容は大丈夫かexclamation&question

米FDAは「ボトックス」による副作用について
パンチ

米食品医薬品局(FDA)は「ボトックス」の
使用によって死亡したり呼吸不全に
陥るケースがあると警告した。
日本では主に「しわ取り」の美容目的だが、
厚生労働省が有効性と安全性を保証していない
「適用外」となっており、
「しわ取り」に多用されることに
懸念の声も上がっている。

「しわ取り」料金は1箇所一回1万円程度
米食品医薬品局(FDA)は2008年2月8日、
「ボトックス」などを使った治療で、
患者が死亡したり呼吸不全になったり
するケースがあるとして、因果関係などについて
調査に乗り出すと発表した。
この問題をめぐっては、米の消費者団体
「パブリック・シチズン」が、
「ボトックス」などの使用で死亡者が
出たなどとして、FDAに警告するよう要求していた。

「ボトックス」は、筋肉を弛緩させる治療で
使うボツリヌス菌毒素を応用した注射薬で、
米アラガン社が製造・販売している。
筋肉を弛緩させる以外には、「しわを取る」
などの美容目的で、米国だけでなく
日本国内でも多用されている。
「パブリック・シチズン」によれば、
アラガン社などの製薬会社がFDAに提出した
資料によって、97年〜06年のあいだに
「ボトックス」や類似製品「マイオブロック」に
よる副作用が658件あり、16人の死亡例があった
ことがわかったという。
現地の報道では、
「ボトックスで死ぬかもしれない」といった
報道も出ており、美容目的での使用に人気の高い
「ボトックス」への懸念が噴出している。

国内でも「しわを取る」として美容整形で
使用するケースは多い。部位や注入量によって
料金は異なるが、目尻や額などについては
1箇所1万円程度で「」の注射を
受けられる美容外科もあり、手軽で、
比較的安いのが人気につながっているようだ。
その一方で、無資格でボトックス注射を行う
などの事件も相次いでいる。

厚生労働省によれば、医師による美容目的での
「ボトックス」の使用は、
薬事法上は認められているものの、
同省が有効性と安全性を保証していない
「適用外」となっている。
「適用外」の医薬品についての副作用など
については、同省は把握していない。
そのため、「有効性や安全性については、
医師が責任を持って調査するなどして
使用することになる」(医薬食品局審査管理課)
という。

「美容目的での使用は保証の限りではない」
「ボトックス」については、日本では、
眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸の3つの
症例について、厚労省から承認を得て、
グラクソ・スミスクライン(東京)が、
1997年から製造販売している。
同社によれば、使用は講習を受けた医師に
限られており、適正に使用されているという。

同社の製品広報は・・・

「ボトックスの使用はかなりの微量で、
適正に使えば安全性が高い。
発売してから国内での死亡例はない」
と説明している。

ただ、それもあくまで適用が認められている
治療についての話で、美容整形での「ボトックス」の
使用については、医師が個人で使用しているため、
その実態は定かではない。
グラクソ社製品広報担当者は、
「美容目的での使用は保証の限りではない」とした上で、

「ほとんどは医師によって適正に使われて
いるのだと思うが、
無資格で使用するなど事件があるなかで、
(適用外の)美容目的での使用については
懸念している」
と話している。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。